2009/8/30 日曜日

今日は衆議院総選挙

Filed under: その他 — トラ松 @ 16:16:47

今日は衆議院総選挙です。

日本の将来をどうするか?

我々有権者の一票が大切な日になります。

今朝、店の開店の前に投票所へ出かけてきました。

ここ新潟市に住んで20数年、幾度となく選挙が有りましたが投票所で並んで待ったのは初めてです。

今回の総選挙、国民一人一人の注目度の大きさがわかる光景でした。

2009/8/24 月曜日

準優勝おめでとう日本文理高校

Filed under: 野球話, 地元新潟の話 — トラ松 @ 16:07:41

試合前の評論家等の話でも、中京有利は否めないところ

中盤大量点をあげられ、ここまでか・・・

9回表も二死ランナー無

中京応援団からは「あと1球! あと1球!!」コール

でも、そこから

一番切手四球 二番高橋二塁打 三番武石右線三塁打

四番吉田死球 五番高橋四球  六番伊藤左前安打

七番代打石塚左前安打

つないでつないで、あと一点差 二死一三塁

八番若林  「打ったぁーーー」

火の出るようなライナーが、三塁手クラブに・・・

日本文理  011 000 115-9

中京大中京200 006 20x-10

9回の攻撃は見ている我々が涙涙でした。

「野球はツーアウトから・・・」 とは よく言う野球のコトワザですが

普通は、ツーアウトからスリーアウトなのです。(9割の確率で。)

本当によく頑張りました。

準優勝おめでとう、日本文理高校 !!!

日本文理高校で新潟は大賑わい!!

Filed under: 野球話 — トラ松 @ 11:14:25

img_0050.JPG

8月7日のブログで、甲子園を話題としてから二週間

な、なんと、新潟県代表の日本文理高校が決勝戦進出

地元新聞は、トップ紙面最終紙面、見開き一面に掲載しています。

準決勝戦後の大井監督のインタビューの言葉

「甲子園の一戦一戦が選手をプレイヤーとして人間として

成長させてくれているようだ・・・ 私が一番信じられない。」

本当にその通りで初戦で戦っていた時とは、選手全員

別の子供達がプレーしているようです。

この夏、一番遅くまで応援できる私達県民も皆幸せです。

今日は、県民のほとんどがTVの前で応援します。

頑張れ、日本文理高校ナイン !!

2009/8/21 金曜日

祝、新潟、日本文理高、甲子園BEST4

Filed under: 野球話 — トラ松 @ 16:58:01

祝、新潟、日本文理高校、甲子園BEST4進出、新潟県史上初の快挙

全国47都道府県でただ一県、春夏通じて唯一、 甲子園BEST4が

無かった新潟県代表高校が、本日鳥取立正高校に11対3で勝利

みんな良く 打った。 守った。 走った。 頑張った。

輝かしい一勝を、新潟へもたらしてくれました。

鳥取立正大高  000 201 000-3

新潟日本文理高 010 103 15x-11

今日、ABC朝日放送のネット中継を観戦していました。

解説者、元箕島高校の尾藤監督が、試合途中

「今までの新潟県代表校とは、思えないような素晴らしい動きを見せていますねぇ〜」

・・ 新潟県民は皆、私と同じように 、嬉しいような、恥ずかしいような・・・そんな風に聞いていたのではないでしょうか?

おめでとう! そして、ありがとう文理高校ナイン!!!

2009/8/9 日曜日

甲子園 思い出に残る一試合

Filed under: 野球話 — トラ松 @ 14:23:18

本日は 野球フリークである私の「思い出に残る一試合」を

皆様、ご存じだろうか? 甲子園球場で「校歌」が流れた回数が一番少ない県を。
PL(大阪)、横浜(神奈川)、中京(愛知)、帝京(東京)等など強いところは皆様、ご存じだろうが、この一番少ない=甲子園での勝ち星が一番少ない県は、私の住む新潟県である。
夏16勝48敗 春2勝9敗   甲子園戦績 18勝57敗
ブービー46位の 山形県が 26勝58敗の成績であるから
47都道府県中 ダントツの最下位である。 ・・・ しかしながら野球人口は相当数有る。

勝ち負けはさておき、この季節になると名勝負 名場面がうわさされる。
箕島×星稜 延長18回 サヨナラ試合
PL×横浜  延長17回 の激闘

数々あれど 私が一番 感動し 鳥肌が立った試合。
それは1981年8月10日 第63回大会  一回戦
広島商業×新発田農業の一戦である。
広島商業は その年の数年前も 佃、達川のバッテリーで全国制覇、過去5回制覇等、輝かしい甲子園での戦績を残す甲子園有名校。この年も優勝候補の一角に挙げられていた。
方や二回目の出場とはいえ、無名の新潟代表新発田農業。
NHKの解説者が「新発田」の読み方を
「しんはった、ではなく、シバタと読みます。」そんな説明までしていた試合である。

地元県代表と言う事で応援のためTVの前に座ってはいたが、何をどうしても勝てるはずがないと思っていた。

試合開始
広島商業の各打者の鋭い当たりが飛ぶ。 方や新発田農業の当りは詰まった物ばかり・・・  まるで大人と子供が試合しているようだ・・・

しかし、新発田農:須藤投手の低めへの丁寧なピッチングにより好守、美妓の連続で8回を終わって0対0の大接戦。
そして、新発田農業9回表 1点先取 
もしかして、もしかして・・・
しかし、さすがは西の横綱、広島商業 9回裏に1点をとって延長戦へ突入。
やはり、ダメか・・・ 相手が強すぎる。

しかし、しかしである 延長10回表 広島商守備陣にまさかの連続失策が出て2点を奪う。
新発田農000 000 001 2-3
広島 商 000 000 001 0-1 

試合終了、TVを見ていた、私は驚きと共に、新潟県の高校が広島商業に勝った喜びで涙が出て来たことを覚えている。

この日の朝、出かける前、新発田農業ナインは試合後宿からの帰り仕度をしていたと言う。

また、試合後の勝利監督インタビューで当時の安田監督が
「100回試合して一回勝てるかどうかの広島商に勝ってしまいました。」と、喜びと言うより驚きの表情をしていたのが印象的な試合。

この年、現在もプロ野球で投げ続ける工藤投手がノーヒットノーラン
荒木大輔氏が、早稲田実業二年生で出場していた年である。
http://www.sport-nippo.com/news/feature.php?t=baseball&k=72&n=384

2009/8/7 金曜日

暑中お見舞い申し上げます

Filed under: その他 — トラ松 @ 17:14:32

梅雨が明けたとはいえぐづついた日が続いています。

体調壊さぬようご自愛ください。

誠に勝手ながら下記、夏期休暇と8月中の休店日 連絡申し上げます。

8月 13日(木) 14日(金) 15日(土)、夏期休暇

8月 22日(土) 23日(日)、臨時休店日

メール、電話連絡等 翌日になります事ご理解よろしくお願いいたします。

有限会社 ガ−ベル新潟

次のページ »

Copyright トラッドスーツのオーダーは「ガーベル新潟」 all right reserved.