アメリカン・トラッド・スーツとブリテッシュ・トラッド・スーツをオーダーでお仕立てします!

VAN(ヴァン)&石津謙介氏

「ブルックス?、トラッド?は、チンプンカンプンだがVAN(ヴァン)は知っている、と言うくらい1960年代と1970年代に売れに売れまくり人気を呼んだブランド!
私が生まれて一番最初に買ったスーツ(ジャケット&パンツ)がVANでした。当時は、それを手にすることがステータスであり、また当然であったような気がします。VAN(ヴァン)は、当時の若者の憧れでした。
そして、このブランドを立ち上げた方が「石津謙介氏」です。

「私は流行は作らない、風俗を作る!」石津謙介の名言

アメトラスーツ石津謙介氏が作った名言を2つ紹介します。
「私は流行は作らない、風俗を作る!」
氏が唱えた通りVAN(ヴァン)は、ただの流行だけで終わる事はありませんでした。
1960年代の若者たちに爆発的ブームを呼び、その後のライフスタイルにまで影響を与える事となります。

1978年、VAN(ヴァン)は倒産します。
このとき初めて私は、VAN(ヴァン)を作り、私の着ているトラッドを日本に持ち込んだのが「石津謙介氏」だと知りました。
1981年、VAN(ヴァン)は復活し、現在に至っています。

そして、その後も様々なトラッドスタイルがファッションメーカー各社から発表されている今日この頃です(すぐに無くなってしまうものもありますが・・・)。
1960年代や1970年代ほどの隆盛はなくとも、トラッドファンはあの時代の服を着つづけ、そして、この21世紀に残したいファッションの一番としています。
私も、その中の一人です。
まさに「風俗」ではないでしょうか?

「TPO」、これも石津謙介氏が作った言葉!

「TPO」って、言葉を聞いたことがあると思います。
「Time(=時)」、「Place(=場所)」、「Ocasoin(=場合)」に応じて、使い分ける事、と辞書にでています。
実は、この言葉も石津謙介氏が作った言葉(日本語)です。
この言葉がなかったら「TPOに合わせた服装しようよ!」と言う、たったひと言で済む会話も、「時刻と場所とその周りのことを考えた服装にしよう!」とでも語るのでしょうか?

日本の成長期時代に、男にこれほど簡単明瞭にファッションを伝えるために使われた言葉はないと思います。
そして今でも・・・。
和製英語を作った人で、私がほかに知っているのは、野球人「長島茂雄氏」だけです。

参考までに、石津謙介氏の著作を紹介します!

  • 人間的な かっこいい“貧乏人”の人生四毛作論(三五館)
  • 「変えない」生き方(毎日新聞社)
  • 石津謙介味ばなし(平凡社)
  • 石津謙介かくし味(平凡社)
  • 悠貧ダンディズム 男はいくつになっても不良少年(経済界)
  • 男たちへの遺言 永遠のダンディズム論(東洋経済新報社)
  • できる男の服装戦略 ビジネスチャンスをものにする(チクマ秀版社)