アメリカン・トラッド・スーツとブリテッシュ・トラッド・スーツをオーダーでお仕立てします!

サスペンダー

吊りバンド、英国ではブレイシーズ(braces)と呼びます。
普通はズボンの上裾上部に専用のボタンをつけ、ループ&ボタンで着用するのが本式ですが、現在市販されている物は、金具でズボン上裾を止めているのが圧倒的です。
しかし、これはズボンを擦り切れさせてしまったりするので、本式のものを使いたいですね!

私はサスペンダーには、ちょっとウルサイ!

当店のお客様には、サスペンダー好きの方がけっこういますが、どんなお客様かというと・・・

  • 大柄な方。
    おなかが少し出ていてズボンが「落ちてくるぅー」と言う方ですね(どなたでも想像のつく方々です)。
  • 痩せてガリガリの方。
    痩せ体型シルエットを隠すため、少し大きめのウエストサイズのズボンにサスペンダーを使用している方。
    痩せてる方にも悩みはあるようですね・・・。
  • 足を長く見せるために、常にズボンを上部に配し股下を長く見せたいと考えてる方。

どうです、サスペンダーの世界も奥深いものがあるでしょう。
「えっ、なぜ私がサスペンダーにウルサイのか?」
当店は、オリジナルのサスペンダーを作っているのです。
珍しいといえば大変珍しい、サスペンダーにもこだわるトラッドショップなのです(ただ単に、私のこだわりですが・・・)。


サスペンダー愛好家のために!

このサスペンダーも近年販売されている物はほとんど、パンツの上裾に金具で止める物ばかりになりました。
ループ式の物は百貨店などのトラツド小物売り場に、ほんの少しばかり置いてあるだけです。

パンツにループサスペンダー用のボタンが付いて販売されている物も少なくなったからですが、当店にはサスペンダー愛好家がいらっしゃるため、サスペンダーメーカーにお願いして作っていただいております。
トラッド族は、ベルトと同様に黒い靴用と茶色靴用のサスペンダーを用意しておきたいものですね。

黒靴コーディネート
茶靴コーディネート

同じドレスシャツ パンツであっても ネクタイと靴とサスペンダーを黒基調と茶基調では こんなに雰囲気が違って見えますよ。

ここで・・・、 サスペンダーとベルトはどちらが先に生まれたか?
ご存知の方も多いと思いますが ベルトが生まれたのは20世紀に入ってからのことです。19世紀まではサスペンダーのみでパンツ(ズボン)には必ずサスペンダー用釦が付いていました。
ただ当時はズボン吊用釦という事で付け方(釦の取り付け位置や 取り付け数など)は様々だったようです。ベルトが生まれてなかったのですから パンツが落ちないように個人個人工夫を凝らしていたのでしょうね。
20世紀に入り 労働者の作業ズボンにベルト通しが考案されそれが便利とのことから上流階級層にも取り入れられサスペンダーに変わってベルトが主流になってきました。
現在もほとんどのタキシードズボンなどにはこのベルト通しが付いていないのは(本当のジェントルマンはベルトをしないのだよ。)(正式の場はサスペンダーなのだよ。)と、現代に教えているのかも?しれません。

ここで余談ですが、語学のお勉強を

  • 米語は「サスペンダー」、英語では「ブレイシーズ」、日本語では「吊りバンド」。
  • 米語は「サブウェイ」、英語では「アンダーグランド」、日本語では「地下鉄」。
  • 米語は「ハンマー」、英語では「ギャベル」、日本語では「木槌」。

米語では金槌も木槌もハンマーです。 
裁判所の裁判官が静粛を促す時たたく木槌を英語では「ギャバル(GAVEL)」と呼びます。
「お客様に審判を得られる 当店の名前の由来は、「お客様に審判を得られるように・・・」とGAVEL(ギャベル)をGABEL(ガーベル)とした造語です。

「えっ、トラッドと何か関係があるのか?う〜ん、・・・」

※ガーベル新潟「オリジナルサスペンダー」のご購入はこちらから >>

【サスペンダー釦の付け方】

パンツ、スラックスにループ式サスペンダーのサスペンダー釦を付けたいのですが どんな釦をどのように付けたらカッコ良くなるのでしょう? ドラマ【相棒】杉下右京のように・・・。
サスペンダー釦の付け方を教えてください。

この件はよくいただく質問なので、こちらで回答します。
パチン金具でなく、サスペンダーは釦止めをしたものがカッコ良いですからネ!!
まず、パンツ・スラックスに付ける釦はスーツの袖釦大の物を6個用意します。
表に出ない(見えない)釦ですから色や形を気にする事はありません。
まず、前身頃には4個。フロントセンターライン上、パンツ裏側、本体上部より2〜3cm下に1つ付けます。
糸目は一回のみ貫通させます(普通の釦付け方と一緒です)。そして、その外側6cmの場所にもう1つ。パンツフロント右左共に同様に付けます。
次にパンツ後部は、後中心部から左に3cm右に3cmの場所に同じように付けます。
これで6個付きました。 ※写真1
ループ式 サスペンダーを装着します。 ※写真2
あなたのスーツスタイルが今以上に引き立つ事でしょう!!
ループ式サスペンダーがカッコ良く見せてくれます。 ※写真3

写真1 写真2 写真3
サスペンダーの付け方 釦の位置
サスペンダーをパンツに装着
サスペンダー装着スタイル イメージ
◆写真をクリックすると拡大します。