トラッドのコーディネート術や着こなし術、生地の説明、トラッド小物の紹介など、
月1回、トラッド情報をお届けします。
http://www.trad.jp/   2005年4月号 

全国のトラッドファンの皆様へ


 例年になく、寒く、長い冬が終わりを告げようとしています。連日マスコミでも 桜前線の話題豊富な季節になりました。
 3月に春夏物服地を発表後 当店にも多くのトラッドファンの皆様より、ご注文やお問い合わせをいただきました。
 この場にて御礼申し上げます。

 そこで今回は 「スーツの衣替えの時期」について、少し語ってみたいと思います。




1.スーツの衣替えの時期って?
2.トラッドオフ会in新潟のお知らせ
3.当店オークションブースの紹介
4.編集後記

1.スーツの衣替えの時期って?

 「衣替え」という言葉をネット検索や辞書で引いてみました。

  衣替えは よく6月1日と10月1日といわれていますが、これは着物(和服)の世界から伝わったことです。

 和服の世界では6月1日から9月30日の夏場は、単衣(ひとえ着物に裏地がついていないもの)を着用、10月1日から5月31日の間は、袷(あわせ・着物に裏地がついているもの)を着るという決まりになっています。
 スーツやジャケットの「背抜き総裏」のこととよく似ていますね。

 この和服の習慣・決まりが、明治時代以降の洋服社会に浸透し、学校・諸官庁・各企業の制服などに応用されて、現在にいたっています。

 しかし、地球の温暖化や様々な家屋の保温性の高さなどから、我々が制服以外の衣類(スーツや普段着)の「衣替え」をする時期は6月1日・10月1日ではなくなっているように思います。そして、日本は北から南まで細長く、各地域によっても「衣替え」をする時期が異なっています。

 洋服屋をしていてよく「スーツの衣替えっていつが一番いいのぉ〜?」と言う質問をされます。

  私の答えは「桜が散って葉桜になった頃・・・」。

 この答えは、まったくの私の私見ですが、私はこの20年間ずっとそうしています。
 花見の季節ですと、よく「今日は天気もいいし アフターファイブに夜桜を楽しもう!」とお誘いを受けることもありますが、春夏スーツだと寒いですね !
 葉桜になった頃ですとお誘いはあっても、野外の行事はまずありません。ですから 私・松原の考えに同意してくださるトラッドさんはたくさんいらっしゃるのでは・・・と思っています。

 「ところで、10月1日の衣替えはいつがいいの?」

 これは、秋のメルマガまでのお楽しみに!



■□■ 新作春夏生地が入荷しました ■□■

●スーツ・・・48,300円 http://www.trad.jp/order_02-2.html
●スーツ・・・52,500円 http://www.trad.jp/order_02.html
●スーツ・・・58,800円 http://www.trad.jp/order_02-6.html
●スーツ・・・63,000〜69,300円 http://www.trad.jp/order_02-3.html
●スーツ・・・75,600〜84,000円 http://www.trad.jp/order_02-4.html




2.トラッドオフ会in新潟のお知らせ

 当店サイト相互リンクのBBS掲示板で、すでにご存知の方もいらっしゃることと思いますが、自然発生的に5月14日(土)に全国のガーベルのお客様が数名、ここ新潟に集まり、新潟のお酒を飲みながらトラッド談議にふける「トラッドオフ会in新潟」を開催することになりました。

  現在、北海道、名古屋、福島、千葉の方々から参加申し込みがあります。

 この このメルマガをお読みになり「私も参加するよぉー」のトラッドさんは4月25日までに下記へご連絡ください。

 
トラッドオフ会in新潟のお申し込みはこちらまで。
TEL 025−260−0291  FAX 025−260−0281
E-mail matsubara@trad.jp


 現時点の出席者・会費等のご案内を返信いたします。会場・宿泊先の手配等ありますので、お早めにご連絡いただきますようお願いいたします。

 また、この模様はサイトでアップする予定です。
 お楽しみに!


3.当店オークションブースの紹介

 本年一月のアンケートに対しまして、皆様より多数のご回答・ご意見を賜り誠にありがとうございました。
  そのご意見の中に「ネクタイは?サスペンダーは?」など、たくさんの商品希望もいただきました。

 当店取り扱いの小物などをヤフーオークションブース
      http://openuser9.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/trad_matu
                             に陳列しておりますので是非ご覧ください。



 第3号は「衣替え」を取り上げてみました。

 実は3月はじめに北海道在住の方よりのご注文で「4月半ばに東京で仕事があり、一週間ほど滞在します。その頃、東京で着用するには春夏物のスーツのほうが・・・」と言うお便りをいただいた時に自問し言葉にしようと思いました。

 みなさまからお問い合わせいただき、そして私の勉強となる。私たち売り手を教育してくださる一番の先生はお客様です。これからも皆様よろしくご教授くださいね ! !

 ちなみに、私も髪型とメガネの衣替えをしました。
 どうですか?随分印象が変わったと思いますが・・・。

 また、以前よりお問い合せの多かったオーダーボタンダウンシャツですが、5月末よりご注文を開始します。本当にお待たせしました。
 「襟のロールに自信あり!」のオーダーBDシャツをよろしくお願いいたします。
(ガーベル新潟★松原功)

ご意見・ご感想のリクエストはこちらまで。
TEL 025−260−0291  FAX 025−260−0281
E-mail matsubara@trad.jp

▼ メールマガジンの停止はこちらまでご連絡ください ⇒ E-mail matsubara@trad.jp

Copyright(c)2005 Gabel Niigata Ltd. All rights reserved.
「アメリカン・トラッド・スーツのガーベル新潟」 〒950-2052 新潟県新潟市寺尾2-31
Tel:025-260-0291 Fax:025-260-0281 E-mail matsubara@trad.jp