トラッドのコーディネート術や着こなし術、生地の説明、トラッド小物の紹介など、
月1回、トラッド情報をお届けします。
http://www.trad.jp/   2005年8月号 

全国のトラッドファンの皆様へ

 日本全国、暑い日が続いていますが、皆様夏バテなど体調を崩していませんか?

 さて、ガーベル新潟「メルマガ2005年8月号」はフォーマルスーツについて話してみようと思います。

 秋、結婚式に招待されている方に、ちょっと参考にしていただければ・・・。


1. ディレクターズスーツのお勧め
2. 当店のお客様紹介
3. 次回は秋冬物服地発表
4. 編集後記

1.ディレクターズスーツのお勧め

 男性のフォーマルスタイル(礼装)には、「略礼装」 「正礼装」 「準礼装」 の三つがあることをご存知でしょうか?

 一番目の「略礼装」とは、一般的なシングルおよびダブルの略礼服のことです。
 ただし、慶事(結婚式などのお祝い事)にこの黒略礼服に白およびシルバーグレーのネクタイを用いるのは日本だけの習慣です。欧米諸国ではこの黒略礼服は葬儀用としてだけ用いられます。
 日本を訪問した外国人観光客が結婚式帰りの団体を見て、マフィアと間違えたという話もあるとか(笑)。上下服黒づくしに白ネクタイという格好は、欧米人には滑稽に映るものです。

結婚式とお葬式
   ネクタイだけ変えて同じ服・・・

これはいけませんね!


 二番目の「正礼装」とは、モーニングコート+ベスト+コールパンツ(縦縞パンツ)のことで、一般的に言うモーニングスタイルのこと。

 そして三番目の「準礼装」は、今回お勧めするディレクターズスーツのことです。

 このメルマガをお読みのトラッド諸氏は、華やかな慶事の時、略礼服ではなくダークスーツなどでしゃれた小物をあしらいドレスアップして出席なさっていると思いますが、このようなダークスーツのほうが結婚式などには、かならずマッチしますね!

  我々トラッド愛好家世代(40歳以上)もこのような慶事シーンに主賓として、臨席しなければならない時がありますが、「ダークスーツではちょっと〜、モーニングまでは必要ないんだけど・・・」、そんなシーンに必要なのがディレクターズスーツです。

主賓でお招きを受けた時、
      ディレクターズスーツがお勧めです。

  ブラックスーツ上着ダブルにコールパンツ(縦縞パンツ)、ブラックスーツ上着シングルの場合は必ずベスト(グレーor白黒千鳥など)を着用しコールパンツを合わせます。
 シャツ、ネクタイ、靴はモーニングの着こなしに準ずることになります。
 ディレクターズスーツは、「仕立てよう」、「新調しよう」とすると、結構予算が必要となりますが、現在お持ちになっている略礼服の上着、普段着用のスリーピースのベストなどを利用することを考えれば、コールパンツを購入するだけでディレクターズスーツを手にすることができます。
 靴はストレートチップかプレーントゥですよ。

 ちょっとしたアイデアと着こなしでディレクターズスーツに変身します。

【フォーマル豆知識】
● タキシード 午後6時を過ぎてから着られる夜の準礼装で、靴は必ずオペラパンプスにしましょう。
● ズボンの裾 我々トラッド族はズボンの裾はダブルが大好きです。
しかし、フォーマルシーンではシングルが基本です。
ダークスーツ以外(礼服やコールパンツ)は必ずシングルで!


2.当店のお客様を紹介

 7月26日と27日の二日間、仕事で大阪出張がありました。

 私は関西方面には、阪神淡路大震災の前年に大阪に住んでいる友人宅に一度だけ遊びに行ったことがあるだけでした。ネット販売を通して知り合えた方々が、「大阪に来られるのでしたら是非お会いしましょう!」と声をかけてくださり、関西在住のお客様とお会いすることになりました。

  生まれてこのかた二度目の大阪訪問、皆様のご好意により本当に楽しいトラッドオフ会ができましたことを感謝いたします。

 「こんなに楽しいトラッド談義がまたどこかでできたら・・・」と思っています。

 ● この楽しいオフ会の様子は「きんちゃんの部屋」に詳しくご報告いただいております。
       ⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/kin1109/diary/200507270000/

3. 次回は秋冬物服地発表

 まだまだ残暑が続いていますが、もうすぐ9月「ファッションの秋」到来です。
 クールビズなる言葉からスーツはタンスに入れたまま・・・、そんな方々もいらっしゃるのではありませんか?

 現在サイト公開中の定番生地(本年度も続行)以外に、店長松原がお勧めするトラッド服地を9月中旬にアップする予定です。今しばらくお待ちください。


左:今秋冬ご提案のコーデュロイ

右:今秋冬ご提案のデニムジーンズ




 今回はフォーマル、ディレクターズスーツを取り上げてみました。

 フォーマルスーツは全国各地によっても考え方が違うようにも思えます。また、結婚式の様相も昔にくらべるとずいぶん変わりましたね。現在結婚式を挙げるカップルでお仲人さんを立てる方が約10%という話を先日ある結婚式場の社長よりお伺いしました。

  正礼装モーニングは、結婚式の新郎新婦のお父様、お仲人さん、入学式や卒業式の校長先生、そんな方々の姿でしか見ないような気がしますね。

 私の長年の洋服屋家業で、文化勲章など勲章・褒章を授与されたお客様がいらっしゃいます。そして、勲章授与式に招かれた方の「招待状」を一度だけ拝見したことがありますが、
 そこには「正礼装(モーニング)着用の上、御臨席を賜りますよう・・・」と書かれていました。

 つたない文章ではありますが、皆様にガーベル新潟のお勧めするトラッドを伝えていこうと考えております。

 ご意見・ご感想・リクエストがありましたら、お気軽にお寄せください。できる限りお応えしたいと思います。
(ガーベル新潟★松原功)

ご意見・ご感想のリクエストはこちらまで。
TEL 025−260−0291  FAX 025−260−0281
E-mail matsubara@trad.jp

▼ メールマガジンの停止はこちらまでご連絡ください ⇒ E-mail matsubara@trad.jp

Copyright(c)2005 Gabel Niigata Ltd. All rights reserved.
「アメリカン・トラッド・スーツのガーベル新潟」 〒950-2052 新潟県新潟市寺尾2-31
Tel:025-260-0291 Fax:025-260-0281 E-mail matsubara@trad.jp