トラッドのコーディネート術や着こなし術、生地の説明、トラッド小物の紹介など、
月1回、トラッド情報をお届けします。
http://www.trad.jp/   2006年10月号 


全国のトラッドファンの皆様へ

 朝夕の冷え込みに、秋を感じる今日この頃です。

 10月はファッションの秋。

  オンタイムもオフタイムでも素敵なトラッドファッションでこの秋を過ごしましょう!

 さて、今回のメルマガは「Cool Biz(クール・ビズ)2年目の検証」、そして、ガーベル新潟おすすめコーディネイトなどを綴ってまいります。

松原、週末の店内服装
     ・・・黄色BDシャツ、チノパン、バラクータ ↑


1.Cool Biz(クール・ビズ)2年目の検証
2.ガーベル新潟お勧めコーディネイト例
3.編集後記


1.Cool Biz(クール・ビズ)2年目の検証

 昨年から始まった「Cool Biz(クール・ビズ)」。

 一昔前も「半袖スーツで、暑い夏を乗り切ろう!」 そんなファッションの勧めが政府からありましたが、まったく国民に受け入れられることなく終焉しました。

 ところが今回の「Cool Biz(クール・ビズ)」、小池環境大臣のネーミングが良かったのか? 環境(地球)に対する「やさしさ」と銘打ったのが良かったのか?、「ネクタイ無しのビジネススタイルなんて、変だヨォ〜」などと声を上げる人達を尻目に、日本全国に定着した感があります。

 我が新潟県も、地方銀行3行すべてが採用したことにより、銀行に出かけてネクタイスタイルの行員さんを見ることは、ほぼありませんでした。
 県庁や市役所においては昨年からの光景です。朝の新潟駅周辺も、ネクタイをしている人が昨年の半分以下になったように感じます。

 また、今までのスーツやワイシャツを着用し、だたネクタイをはずしただけの人が目立った昨年に比べ、チェックのシャツやストライプのシャツを身に着けたビジネスマンを多く見かけました。
 市場に「Cool Biz(クール・ビズ)」商品がたくさん出回ったからでしょう。

 そして、当店のサイトをご覧の皆様は、「そのボタンダウンのシャツ、着る時って、どんなズボンはくのぉー?」、そんな質問を受けた方も多いのではないでしょうか?

 トラッドな人達から、正しい「Cool Biz(クール・ビズ)」スタイルが、普及していったと考えてもおかしくないですネ!


2.ガーベル新潟お勧めコーディネイト例



■チャコールグレーNo.6545
アメトラT型モデルにSutherlandタイGA0102。
春夏秋冬通して、当サイト一番人気のチャコールグレースーツです。


■ガンクラブチェックNo.8542
チェンジポケ付スーツにエンジニットタイGA0152。
無地ニットタイは秋冬も活躍しますヨ!





■濃紺マイクロチェックNo.8502
ブリティッシュ・スリーピースにドットタイもちろんベストはラペル付


■グレンチェック・フラノNo.8562
アメトラT型モデルにBran EndタイGA0106。



■コーデュロイネイビーNo.8521
ブリティッシュスーツに遊び心いっぱいにエンジの総裏地

 
 

 今回は、私のお気に入りコーディネイトを数点皆様お伝えしました。

 トラッドな皆様でしたら、どんなお気に入りコーディネイトをお持ちでしょうか?
 そんなことを全国のトラッドファンの方々と語り合えたら、すごく楽しいでしょうね!

 全国のトラッドファンの皆様に、育てていただいているガーベル新潟・松原功です。これからも、どうぞヨロシクお願い致します。

 次回は秋冬物ジャケットを特集したいと思います!

 ご意見・ご感想・リクエストがありましたら、お気軽にお寄せください。できる限りお応えしたいと思います。
(ガーベル新潟★松原功)

ご意見・ご感想のリクエストはこちらまで。
TEL 025−260−0291  FAX 025−260−0281
E-mail matsubara@trad.jp

▼ メールマガジンの停止はこちらまでご連絡ください ⇒ E-mail matsubara@trad.jp

Copyright(c) Gabel Niigata Ltd. All rights reserved.
「アメリカン・トラッド・スーツのガーベル新潟」 〒950-2052 新潟県新潟市寺尾2-31
Tel:025-260-0291 Fax:025-260-0281 E-mail matsubara@trad.jp