トラッドのコーディネート術や着こなし術、生地の説明、トラッド小物の紹介など、
月1回、トラッド情報をお届けします。
http://www.trad.jp/   2006年11月号 


全国のトラッドファンの皆様へ

 木枯らしも吹き始め、街にはコート姿のビジネスマンも見かける今日この頃です。

 これからの冬は、暖かく素敵なトラッドファッションで過ごしましょう!

 さて今回のメルマガは、ハリスツイードなどジャケットについてお話しさせていただきます。


1.ハリスツイード&フラノジャケット
2.伊藤紫朗先生、ご来店!
3.編集後記


1.ハリスツイード&フラノジャケット

 サイト開設以来、この季節に全国の皆様から、ご注文やお問い合わせをいただく一番のマテリアル(生地素材)が、「ハリスツイード」です。
 大きなヘリンボン、そしてガンクラブチェックが人気です。
 素朴な風合いと飽きのこないオーソドックスな柄向きが、オンタイムとオフタイムを問わず、様々なTPOにもコーディネイトできます。
 これが、トラッドファンに愛されている理由でしょうね。

 「一度袖を通したらやめられない」と2着目のお仕立てや、コート仕立てのお客様もいらっしゃいます。

※ハリスツイード服地の由来などは、メルマガ8をご参照ください。!http://www.trad.jp/magazine/magazine200510.html



No.JK003 ガンクラブチェック
エルボパッチ付


No.JK031 ブルーグレー ヘリンボン
ノーマルなT型

 フラノ(=フランネル)は、普通、紡毛糸(ぼうもうし)により平織りないし綾織りにして縮絨・起毛を施した毛織物の総称で、16世紀より英国ウェールズ地方に端を発した毛織物です。
※紡毛糸は、メルマガ2号をご参照ください。http://www.trad.jp/magazine/magazine200503.htm


 フラノジャケットもワンランク上のブレザーとして、ネイビー&キャメルが大人気です。



No.JK006 ネイビーフラノ


No.JK009 キャメルフラノ

 ここで、長年の洋服屋家業で面白いお話を・・・

 我々トラッド族には高級素材であるフラノ。
 この素材は、ネイビーなど濃い色には、糸くずなどのホコリが付着し易く、少しお手入れが必要です。そして、スーツをお仕立てした場合は、パンツのセンタープレスなどがすぐに消えてしまいます。

  それが、ある種ひとつの魅力なのですが、トラッドにご縁の無い方や服地をあまり理解されない方に、ご提供した場合・・・、

 「何だよぉ〜、今回のこの生地はゴミが付き易くてしょうがないよぉ・・・」

 「ズボンの折り目が、すぐに消えてしまい、だらしなくみえてしょうがないよぉ・・・」

と、こんな話をいただくことになります。



No.8521 コーデュロイジャケット


大阪のお客様よりパーティー用にと
承りました。
※サイトでは販売しておりません


2.伊藤紫朗先生、ご来店!

 皆様も、よぉ〜くご存知のマクベス創業者「伊藤紫朗先生」が10月19日、当店にご来店くださいました。

 伊藤紫朗先生は、「男も女も気になるオシャレの話(講談社)」などの著書もおありです。

 来年度より、新トラッドブランドを立ち上げ近々、発表内覧会を開催する運びとの事で、直々にご来店くださいました。

 この発表内覧会には、私も出かけてきます。

 来年、ガーベルサイトにこの新商品が並ぶことになるでしょう。
 その時はまたメルマガで発表いたします。ご期待ください。


 
 

 今回は、ツイード、フラノジャケットを中心に綴ってみました。

 伊藤先生ご来店の際、丁度ネイビーフラノジャケットNo.JK006の仕上がり品がありました。
 「よく、この生地を持っておられましたねー。これはなかなか手に入らないのですヨォー。」と、お話いただき、「この生地はカネボウが服飾部門を撤退する時に、ある生地屋さんから仕入れたものです」とお答えしました。
 現在、伊藤先生ご自身も「このフラノ生地をメーカーに織ってもらうと相当高価なものになってしまう」とのお話を伺うことができました。

 皆様はこれからの季節、どんなジャケットに身をつつみますか?

 そんなことを全国のトラッドファンの方々と語り合えたら、すごく楽しいでしょうね!

 全国のトラッドファンの皆様に、育てていただいているガーベル新潟・松原功です。これからも、どうぞヨロシクお願い致します。

 ご意見・ご感想・リクエストがありましたら、お気軽にお寄せください。できる限りお応えしたいと思います。
(ガーベル新潟★松原功)

ご意見・ご感想のリクエストはこちらまで。
TEL 025−260−0291  FAX 025−260−0281
E-mail matsubara@trad.jp

▼ メールマガジンの停止はこちらまでご連絡ください ⇒ E-mail matsubara@trad.jp

Copyright(c) Gabel Niigata Ltd. All rights reserved.
「アメリカン・トラッド・スーツのガーベル新潟」 〒950-2052 新潟県新潟市寺尾2-31
Tel:025-260-0291 Fax:025-260-0281 E-mail matsubara@trad.jp