トラッドのコーディネート術や着こなし術、生地の説明、トラッド小物の紹介など、
月1回、トラッド情報をお届けします。
http://www.trad.jp/   2007年8月号 


全国のトラッドファンの皆様へ

 盛夏お見舞い申し上げます。

 夏の訪れが遅かった新潟にもひまわりが満開です。

 今回のメルマガは、実際にあった当店の話しから、「ちょっと変だな?」と、考えたことを・・・

 そして 秋冬物準備中の話題をお届けします


1.表示サイズと実寸法
2.秋冬物服地準備中
3.ガーベル新潟・オークションブースのご紹介
4.編集後記


1.表示サイズと実寸法

 洋服屋を営んで20数年になりますが最近ちょっと不思議な事があります。
 「表示サイズ」と「実寸法」が、メーカーやブランドに、よって大きく異なると言うことです。

 つい先日、当店でもこんなことがありました。

 2年ぶりにご来店のNさん(67歳)。

  「やぁー、松原君久しぶり。最近やせたみたいでねぇー。○○○○ブランドのウエスト85pのズボンがピッタリなんだよ!」。

 そんな話から、2年ぶりにスーツをご注文されました。
 上着は前回ご来店いただいた2年前と同サイズ、ズボンは2年前の87pから2p小さい85pで仕立てることとなりました。

 20日後に仕上がり、再度ご来店いただき、ご試着。

 ところが、フィッティングでご試着いただき第一声は、

 「松原君、何か間違えたんじゃないぃ〜 きついよォ〜」。

 「仰せの通り、ウエスト85pで仕上がっていますが・・・」と私。

 不思議に思い、○○○○ブランドのウエスト85pのズボンを実際に計ってみました。

 な、なんと、仕上がり寸法が88pです。
 N様は1年前から、○○○○ブランドのウエスト85pを好んで着用され、ご自分のウエストサイズは85pと、思い込んでおられました(実際、サイズ表示はW85pと記されています)。

 しかし、実際は88pのズボンを愛用していた、と言う訳です。

 私自身も2年ぶりなのですから、ご注文時に再度採寸を行っておけばよかったのですが、N様の「すこし痩せたんだよぉ〜」の笑顔をそのまま受け入れてしまいミスを犯してしまいました。
 数年前までは、このような事はまったくなかったメンズ衣料業界でした。

 余談ですが・・・

 レディース衣料業界には、このような話はよくありました。

 「実寸サイズより表示サイズを小さくするとよく売れる」と言われています(女性の心理を突いた商売ですネ!)。

 また、こんな経験もあります。

 2年前、ある運送会社で男性70名、女性30名の計100名に、ジャンパー&スラックスを配布するとのことで、仕事の依頼を受けました。
 全100名より、ジャンパーサイズはSML、スラックスウエストサイズは58pから3pピッチで自己申告していただき配布した時のことです。
 男性70名の中からは3名がワンサイズ変更の依頼がありました。
 ところが女性30名の中からは17名がサイズ変更の依頼です。最大で「4サイズ(12p)大きく」との変更がありました。
 そして中には、「お宅のサイズは小さく仕上がっているのではないですかぁー。私いつも○○○ブランドのウエスト69pがピッタリなので、70pを申し込んだのですよォー」と、噛み付いてくる女性もおられました。
 笑い話とも取られるような話ですが、事実なのです。

 衣料品業界にもJIS企画なるものがありますが、最近は各メーカーが「スモールM」や「ラージM」なる言葉を考え出し、実際の企画サイズがどこにあるのか解らなくなっているように感じます。
 消費者一人一人が、見る目を肥やしていかねばならぬ、時代になっているように感じます。
 そして、このメルマガをご覧の皆様も、もしご自分の本当のウエストサイズが知りたかったらお気に入りのズボンを画像のように平置きにして、メジャーをその上に乗せてみてください。
 その2倍の数字がご自分のウエストサイズです。

 ズボンに表示されているサイズが自分のウエストでは有りませんヨ!


↑この2倍の数字が
ウエストサイズです。
 
↑これは実際のウエストサイズでは
ありません。注意してください。


2.秋冬物服地準備中

 暑い暑いこの季節。
 当店だけでなく衣料品業界は次の季節(秋冬)の服地や製品でいっぱいになります。暑い季節に厚い生地ばかりを見ています。そして触っています。

 今年ガーベルは、秋冬物ジャケット素材の充実を計画しています。人気のハリスツィードは、8〜9柄をご用意。ブラックウォッチ、ダークマドラスなど、よりトラッドな素材を皆様にお届けします。

 8月下旬には、サイトアップ&服地サンプル帳の発送可能の予定です。

 詳しくは、下記までお問い合せください。

TEL 025−260−0291  FAX 025−260−0281
E-mail matsubara@trad.jp


3.ガーベル新潟・オークションブースのご紹介

 ガーベル新潟はトラッドショップであると共に、メンズショップです。
 これまでのメルマガでも、ご紹介しておりますが 店内の小物やフォーマルグッズ廉価版商品などをヤフーオークションへ出品しております。

 http://openuser9.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/trad_matu

 オークションIDをお持ちでない方も、お気軽にお問い合わせくださいネ!
 これからも様々なアイテムが並んでいきます。ご期待ください。



 今回は売り手である私自身が「少しおかしいぞ!」と考えることを書き記しました。
 自分が着用している服のサイズは健康のバロメーターとお考えになっている方々も多数いらっしゃることと思います。
 「売れればOK!」そんな考えからだけではないでしょうが、サイズの表記は正確な数値が欲しいものです。

 次回は、ファッションの秋・ガーベル新潟おすすめの素材と生地を発表します。

 全国のトラッドファンの皆様に、育てていただいているガーベル新潟・松原功です。これからも、どうぞヨロシクお願い致します。

 意見・ご感想・リクエストがありましたら、お気軽にお寄せください。できる限りお応えしたいと思います。

(ガーベル新潟★松原功)

ご意見・ご感想のリクエストはこちらまで。
TEL 025−260−0291  FAX 025−260−0281
E-mail matsubara@trad.jp

▼ メールマガジンの停止はこちらまでご連絡ください ⇒ E-mail matsubara@trad.jp

Copyright(c) Gabel Niigata Ltd. All rights reserved.
「アメリカン・トラッド・スーツのガーベル新潟」 〒950-2052 新潟県新潟市寺尾2-31
Tel:025-260-0291 Fax:025-260-0281 E-mail matsubara@trad.jp