アメリカン・トラッド・スーツとブリテッシュ・トラッド・スーツをオーダーでお仕立てします!

当店のお客様「これぞ筋金入りトラッドさん」 No.02

HNガレージライフのなかさん

このコーナーでは当店のお客様から、これぞ筋金入りの”トラッドさん”をご紹介します。

HNガレージライフのなかさん

サイト開設から7番目のお客様で、チェンジポケット付ブリティッシュが大好きな「HNガレージライフのなかさん
なかさんより、トラッドとの出会いを語っていただきました。

 「高校生のころVANやマクベス、リーガルとIVY一辺倒に傾いていました。
 高校3年の頃ラルフローレンのチェンジポケット付きのジャケットを見て以来、 それが欲しくて、欲しくて・・・。

  初めてチェンジポケットのスーツを手にしたのは25歳の時でした。
 既製品では見つけることが出来なくて、オーダーでそれを入手しました。

 それ以降は、既製服にチェンジポケットがないときはオーダーで作り、何とか自分のスーツの中に1点か2点は必ずチェンジポケットのスーツを加えていました。
 チャップス、ヘンリーコットンズ、ベイカーストリート・・・。そんなメーカーが時々チェンジポケットのスーツを出していました。チェンジポケット
 ただ困ったのは、その時の流行にあわせて形が変わることでした。
 当然といえば当然なのですが、私の好きな形はラペルの切り込み(ゴージって言うんですか)、これが比較的上に切ってあってVゾーンは狭め、胴回りの絞りはあまりなく・・・。
 つまり基本形はトラディショナルモデルをベースにしたチェンジポケットのスーツなんです。
 オーダーしても、こういう型紙を持ったショップ(メーカー)でなければ 結局は普通のスーツにチェンジポケットが付いただけのものになってしまいます。

 そんな時、ネットでIVYを検索しガーベルさんにたどりつきました。チェンジポケット付きスーツ
 1着目を・・・恐る恐るオーダーし(笑)、それ以来ずっとガーベルさんで作っています。
 生地を選ぶだけであとは“いつものデザインでね”、と言うだけでお気に入りのスーツが届きます。
 フックベントのアメトラスーツも若干(笑)持っておりますが、それ以外は100%チェンジポケット、サイドベンツのブリティッシュスーツを愛用しています。
 考えてみると今50歳なので・・・、かれこれ25年もこのデザインばっかりなのですね。
本来の意味のトラッドとはちょっと違うのかも知れませんが、私にとってのトラディショナルあるいはオーセンティックとは、今ガーベルさんで作ってもらっている“いつものデザイン”なんです!!」。
Rs,松原より
 なかさん、ステキなお言葉をありがとうございました。
 私もスーツはどちらかと言うとブリティッシュが多いのです。ブレザージャケットはアメトラモデルばかりなのですがネ。 お互いこれからもドンドンとトラッドして行きましょう!!

「なかさん」本当にありがとうございました!
(ガーベル新潟:松原 功)